洛市生産地マップ

※生産地をクリックしていただくと、地域の生産特徴および洛市生産者・生産品目がご覧いただけます。

洛市生産地マップ

久美浜

峰山

舞鶴

福知山

綾部

京丹波

美山

京北

亀岡市

西山

伏見

久御山

城陽

木津

八幡

精華町

精華町

made in KYOTO

久美浜・峰山

久美浜・峰山は京都府の最北部に位置し、丹後ちりめんなどが名産です。
近年砂丘畑や、里山を切り拓いて造成された国営開発畑などで京みず菜などの京野菜を栽培し高い市場評価を得ています。

閉じる

舞鶴

舞鶴は京都府の北部に位置し、日本海の若狭湾に面しています。市面積の約6割を山林が占めており、森と海に囲まれ自然あふれた地域です。
なお、特産の万願寺とうがらしは京の伝統野菜の第一号です。

閉じる

福知山・綾部

福知山・綾部は京都府の北部に位置し、古くから交通の要衝として栄えた場所です。
ミネラル分をたっぷり含んだ肥沃な土壌と市域を流れる由良川の豊富な水量を生かし、各種京野菜を特産とする他、丹波ブランドの農産品を生産しています。

閉じる

美山

美山は南丹市に属し、京都府のほぼ中央で滋賀県と福井県に接する県境に位置します。
茅葺き民家が多く残り、約300棟が現存しています。美しい山々に囲まれた水の豊富な美山町では、豊かな自然条件を生かし、みず菜、九条ネギなど質の高い京野菜を生産しています。

閉じる

京北

京北は京都市右京区に属し、京都府の中央部に位置します。桂川が中央を貫流しており、町域の93%が森林で林業が盛んです。
また、気候も寒暖の差が激しい気候や風土が京野菜の生産に適しており、高い評価を受けています。

閉じる

京丹波

京丹波は京都府の中央部に位置し、古くから、都と丹後・山陰地方を結ぶ交通の要所として栄えました。
地域の約83%を森林が占め、この間を縫って耕地が広がっています。丹波黒豆で知られる枝豆や、丹波まつたけ、しめじ等の菌茸類の栽培が盛んです。

閉じる

亀岡

亀岡は京都府の中西部に位置し、丹波と京都の中継地点として栄えた。亀岡市街地は盆地に位置しており、その周りを丹波高地などの山々に囲まれる。 豊富な地下水を利用し丹波松茸、丹波黒豆、馬路大納言小豆、丹波栗、みず菜、千枚漬に重宝されるかぶらなど、質の高い農産物を栽培している。

閉じる

西山

西山は京都市の南西に位置し、西山山地の麓に広がる小高い丘陵地です。丘陵地帯には竹林が広がっており、たけのこの山地として昔から有名です。この辺りは日当りがよく、水はけのよい酸性土壌で育ったたけのこは特有の甘みがあり日本一の評価を得ています。

閉じる

伏見

伏見は京都府の南部に位置し、伏水と表されたように、良質な地下水が豊富な地域として知られ、この地下水を活かして酒造業が発達しました。
その良質な地下水や伏見南部を流れる宇治川の豊かな水流を生かし胡瓜、とまと、とうがらし等が多く栽培されています。

閉じる

久御山

久御山は京都府の南部に位置し、昭和16年までは日本一の池であった巨椋池での漁業が盛んでしたが、池の干拓後は農業に転換されました。干拓地であることと木津川・宇治川が流れることから、土壌には水分が多く含まれるため葉菜の栽培に適しており、ほうれん草、春菊、壬生菜、小松菜が多く栽培されています。

閉じる

城陽

城陽は京都府の南部、京都市と奈良市のほぼ中間に位置します。木津川の右岸に位置し、市南部を東西に青谷川が流れて東部に向かうにつれて起伏の多い地形になっています。
壬生菜、京みず菜、聖護院大根などが栽培されています。

閉じる

木津・精華町

木津地域は京都府最南端に位置しており、中心部の東西に木津川が流れており、川に沿って広がる平野部と北部と南部にやさしい稜線の山地からなります。盆地型の地形のため、寒暖の差が大きく京野菜を育てる環境に適しています。
精華町は木津と木津川を挟んだ西側に位置しており、西部と南部になだらかな丘陵、東部に平坦な農地が広がります。年間の平均気温が約15度と温暖な気候に恵まれており、京野菜の産地としても知られています。

閉じる

八幡

八幡市は京都府の南西部に位置し、桂川、宇治川、木津川が合流するとても水に恵まれた地域です。
大きな河川が流れる地域とあって、農業に適した豊かな土壌の平地が広がり、あらゆる農作物の栽培が盛んに行われています。
三川合流点付近の自然豊かな地域は桜の名所としても親しまれています。
また、市の中心部には賀茂神社と共に日本三社の一つである石清水八幡宮があります。

閉じる

南山城村

南山城村は木津川市の東、木津川の上流に位置しており、中央部の東西に美しい木津川が流れる中山間地域です。山肌には美しい茶園が広がっており「宇治茶の郷」として知られています。また京都府唯一の村であり、村の北部には標高400~500mの高原地に焼物で有名な童仙房地区もあります。豊かな水源と寒暖差の大きな気候をもつ南山城村は京野菜の生産にも適しています。

閉じる

ページトップへ