追跡!洛市のお野菜が食卓に届くまで。

洛市の京野菜のおいしさの理由を知っていますか?
ひとつは京都の豊かな土地と生産者のみなさんのこだわりの
栽培技術でまごころを込めて育てられていること。
そして、生産者の思いを大切にし365日・24時間稼働の
自社の物流センターで鮮度と品質を保ったまま
“旬の野菜”をお届けしているからです。

九条ねぎ 渋谷さんの場合

渋谷さん

添田さんがまごころを込めて大切に作った万願寺とうがらしが、どうやってみなさんの食卓まで届くのか。西村さんの小松菜を追跡してみましょう!

  • 収穫 9月14日AM5:30〜AM8:00 収穫は朝一。出荷できる長さまで成長した九条ネギを丁寧に収穫していきます。九条ネギは太陽の光が当たるとすぐに鮮度は低下してしまいますので、収穫後はコンテナに詰めてすぐに加工場へ移動します。
  • 洗い、選別 9月14日AM8:00~AM10:00 加工場 収穫した九条ねぎは、ライン型の機械と人の手で選別されます、先ずは収穫したままの状態の葱を一本ずつにわけて機械に乗せ、水洗いして土汚れを落とします。きれいになった九条ねぎから取れかかった葉や余分な葉を風圧で取り除きます。更に、“根や葉先が変色していないか”“折れ曲がっていないか”“均等な長さか”など人の目で確認しながら選別していきます。作業中は鮮度を保持するために室内の温度管理を徹底しています。暑さ野菜にとって大きなストレスになります。野菜に負担がかからないよう、暑い時期は冷房を入れて野菜を守ります。
  • 袋詰め、出荷準備 9月14日 AM9:30~  選別された九条ねぎは、2度目の検品を行いながら袋詰め、箱詰めされます。
  • 集荷 9月14日 AM10:00~ 丁寧に箱詰めされた渋谷さんの九条ねぎは、温度と鮮度を保ったまま洛市のトラックに乗せられて洛市の加工場へ向かいます。
  • 9月14日 PM12:00~ 洛市加工場 厳しい検品をされた渋谷さんの九条ねぎ。更に洛市の加工場で状態や品質の最終確認をして出荷を待ちます。
  • 出荷 9月14日 PM17:00~ 箱詰めされた九条ねぎは細心の注意をはらってトラックに積み込み出荷されます。
  • 販売 全国の百貨店・スーパー 渋谷さんが手間ひまかけて育てたこだわりの九条ねぎはこのような流れで全国の百貨店・スーパーの店頭に並びます。
  • 洛市自慢の九条ねぎ、どーどす?

ページトップへ