私たちの取り組み

加工について

生産者から預かった京野菜を、専用の加工場で洛市独自の規格に沿って検品・加工しています。熟練スタッフが野菜を一つずつ丁寧にチェックし、手作業で専用のパッケージに詰めていきます。加工場や野菜を一時保管する倉庫はひんやりとした温度に設定。さらに配送トラックも冷蔵車を使い、鮮度を守るために余念がありません。お客様においしい京野菜をお届けする。これは洛市のプライドです。

一つひとつを大切に

生産者の畑から野菜が洛市の加工場に運ばれてきました。ここでは洛市独自の規格に沿って、熟練のスタッフが一つずつ検品したあと、手際良く袋詰めします。作業は目を見張るような速さと正確さですが、大切な野菜に傷がつかないよう、丁寧さが第一です。ちなみに加工場は1年中ひんやりとした温度で管理しています。冬場の作業はちょっと冷えますが、すべては野菜の鮮度のキープするため。洛市パッケージをまとった京野菜は、より一層輝きを増します。

鮮度も一緒にお届けしたい

包装後、箱詰めした野菜を、その日のうちにトラックに積み込んで全国のお店に出荷します。トラックは10℃以下に管理された冷蔵車。コールドチェーンという冷蔵状態を保った配送のおかげで、鮮度を守ってお届けすることができます。さらにグループ内の青果専門の物流会社のネットワークを使っているので、無駄のない効率的な配送も可能にしています。

加工の様子

TOP