お野菜のご紹介

京都盆地特有の寒暖差によって甘くなる洛市の「小松菜」。産地や季節に応じて株の大きさが変わりますが、洛市では柔らかさと風味のバランスが保てる丁度よい大きさの株を規格として定め、よりおいしい小松菜をお届けしています。シャキシャキとした食感の茎とやわらかい葉は、お子様にもおすすめです。

収穫時期

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

小松菜の栄養価

栄養価の高い緑黄色野菜で、カルシウム・ビタミンA・鉄・カリウム・食物繊維などを多く含んでいます。ほうれん草と栄養価が似ており、比べてみると鉄分はやや少ないものの、カルシウムは5倍で、野菜の中ではトップクラスです。また貧血の予防効果がある鉄、動脈硬化やがんなど成人病を予防するといわれるβ-カロテン(ビタミンA)、風邪を予防し美容に効果的な働きをするビタミンCも豊富に含んでいます。

小松菜の由来

鎌倉時代に江戸から広がったお野菜です。現在の江戸川区にある小松川の特産品で、将軍徳川吉宗がこの地で小松菜の入った汁物を食べて気に入って名付けたとの言い伝えがあります。
小松菜の原種とみられる野菜は、遠く南ヨーロッパの地中海沿岸、北欧のスカンジナビア地域などで確認されています。それらが中国などを経て日本に伝わり、江戸時代から庶民にも親しまれる青菜となりました。京都でも盛んに栽培されるようになり、京都固有の盆地の風土や気候に合った小松菜が生産されています。
TOP