おうち京料理

ブロッコリー

京ブロッコリーと海老の出汁あんかけ

京ブロッコリーと海老の出汁あんかけ
最もおいしく味わえる時期にこだわって出荷している洛市の大きなブロッコリー。京都の寒さによって育てられたブロッコリーの優しい甘さをいかし、和風の味付けでいただくあんかけはいかがでしょうか。お出汁をきかせて作るホッと温まる一品です。

材料

(2人分)
洛市「ブロッコリー」 1/2個
むき海老 8個
水溶き片栗粉 片栗粉 大さじ1、水 大さじ2
かつお節 適量
出汁 200cc
淡口醤油 大さじ1
みりん 大さじ1

作り方

1. ブロッコリーはつぼみと茎を切り分ける。
  つぼみは小房に分け、茎は硬い部分の皮をむき一口サイズの乱切りにしておく。
 
2. 鍋にAを合わせて火にかけ、煮立ったらブロッコリーの茎、むき海老を加え、ふたをして弱めの中火で1分ほど煮る。
  さらに、ブロッコリーのつぼみを加えて2分ほど煮る。
  火が通ったら、器にブロッコリーとむき海老を盛り付ける。
 
3. 2の鍋に水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、2のブロッコリーとむき海老の上に回しかける。
  最後にかつお節をのせる。

使用した洛市のお野菜

TOP