おうち京料理

なす

なすとにしんの炊いたん

なすとにしんの炊いたん
京都では、相性の良い食材の組み合わせを“であいもん”と言います。脂の多い身欠きにしんと、脂がよく染み込むなすを組み合わせた「なすとにしんの炊いたん」も“であいもん”の一つ。じっくりと煮込んでいくことで、なすはとろっと、にしんはふっくらとした食感に仕上がります。
 

材料

(2人分)
洛市「なす」 2本
サラダ油 適量
身欠きにしん(冷凍) 1尾分
50cc
200cc
千切り生姜 適量
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
濃口醬油 大さじ3

作り方

1. 冷凍の身欠きにしんは流水解凍し、食べやすい大きさに切る。
 
2. 鍋に1のにしん、酒、水を入れて強めの中火にかける。
  沸騰したらアクをすくい取り、弱火にしてさらに5分ほど煮る。
 
3. 2にAを加え、弱火のまま15分ほど煮る。
 
4. なすはヘタを切り落として縦半分に切り、皮に粗目の格子状の切れ目を入れる。
  さらに3等分に切って水にさらしアクを抜く。
 
5. フライパンにサラダ油を熱し、水気をしっかりと拭いた4のなすを加え、しんなりするまで炒める。
 
6. 3の鍋に5のなすを加え、クッキングシートで落し蓋をして弱火で15分ほど煮る。
 
7. 6を器に盛り付け、千切り生姜をあしらう。
 

使用した洛市のお野菜

TOP