おうち京料理

九条ねぎ
京みず菜
生椎茸
聖護院大根
京人参(金時人参)

聖護院大根と京人参のひらひら鱈ちり鍋

聖護院大根と京人参のひらひら鱈ちり鍋
冬の京野菜といえば、丸くて大きな聖護院大根です。煮崩れしにくい特徴をいかして煮物にされることが多いのですが、冬の定番料理、お鍋でもおいしく召し上がれます。聖護院大根はピーラーで薄切りにすることで食べやすく、なめらかな食感が楽しめます。シンプルな昆布出汁で煮て、ぽん酢しょうゆをつけてお召し上がりください。
 

材料

(2人分)
洛市「聖護院大根」 1/4個
洛市「京人参」(にんじんでも可) 1/2本
洛市「九条ねぎ」 1~2本
洛市「京みず菜」 1~2株
洛市「生椎茸」 4個
たら(切り身) 2切れ
昆布(5cm角) 1枚
適量
ぽん酢しょうゆ 適量

作り方

1. 聖護院大根と京人参はそれぞれ皮をむき、ピーラーで2cm幅くらいの薄切りにする。
  九条ねぎは斜め切りに、京みず菜はざく切りにする。
  生椎茸は軸を取り、飾り切りにする。
  たらは食べやすい大きさに切る。
 
2. 鍋に昆布と水を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。
 
3. 煮えにくい具材から順に鍋に入れ、火を通す。
 
4. お好みでぽん酢しょうゆをつけていただく。

使用した洛市のお野菜

TOP